プレミアム リネン コットン Premium Linen Cotton

¥7,600

着用するスタイルを選択してください

商品をカートに追加してから、あとでサイズを選択します。

10 日
在庫あり
+
発送予定日
2024/07/18

無料交換保証について

初めてのお客様にも安心してお買い上げいただくため、無料交換保証をご用意しております。
お届けしたシャツのサイズが合わなかった場合は、お一人様一度に限りサイズ変更・交換を無料で承ります。

手順や条件など、詳しくはこちらをご覧ください。

1.10日以内(到着日を含む)に

2.サイズ変更・交換申請をして

3.シャツを返送

対象
素材
綿(コットン)

肌触り、吸水性、耐久性、扱いやすさ。あらゆる点で優れているため、世界中で衣類に用いられる定番の素材です。季節を問わず着用できます。

麻(リネン)

通気性と保湿性に優れており、夏は⾵を通して涼しく、冬は体温を閉じ込めて暖かく着⽤できます。⻑く使うほど肌に馴染むような柔らかさも魅⼒です。

毛(ウール)

縮れた繊維同⼠が絡み合い、湿度によって遮熱と放熱を変化させる万能素材。冬に限らず様々な季節向けの⾐類に使われます。綿(コットン)やポリエステルと混紡することで、肌触りや耐久性を補うことが多いです。

ポリエステル

⾼機能な⽯油系の合成繊維の⼀種で、軽量性、速乾性、形態安定性に優れています。洗濯による縮みもなく、様々な素材との組み合わせが可能なため、シャツに限らず洋服作りには⽋かせない素材となりつつあります。

  • 柄や凹凸のないシンプルな織り(平織り)で、光沢は淡く控えめ。ビジネスパーソンにとっての定番です。
    滑らかな着用感が魅力ですが、その分シワが寄りやすいこともあります。高密度で織られた光沢の強いものはフォーマルな装いにも。
  • タテ糸とヨコ糸それぞれ2本以上の糸を引き揃えて織る平織りのこと。隙間が多く生まれることで、通気性が良く、軽く柔らかい生地に仕上がります。
    元々はカジュアルウェア向けでしたが、現在ではビジネスシャツやフォーマルシャツにも使われるほど多様な種類が生まれています。
  • 「斜文線(綾目)」と呼ばれる斜線状の模様を持つ綾織りのこと。この模様に光が当たることで、表面に適度な光沢が生まれます。
    柔らかくお手入れもしやすい傾向にあるため、カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンに使用できます。
  • 「フレンチ綾」とも呼ばれる綾織りの一種で、一般的なツイルよりも幅広で立体的な畝状模様が特徴です。
    それによって光沢が強まり高級感の漂う、柔らかな肌触りながらシワの寄りにくい生地に仕上がります。
  • 綾織りの一種で、逆向きの斜線を交互に組み合わせたV字型の模様が特徴。シーンを限定せず着用できることから非常に高い人気を誇る生地です。
    適度な厚みがあり、シワが付きにくく取れやすいので、お手入れは比較的簡単な傾向にあります。
  • 糸の本数や太さ、織り方などを変化させることで、様々な模様を表現できる「変わり織り」の一種。
    表面の光沢が素材を際立たせ、高級感のある生地に仕上がります。フォーマルなシーンでの着用にも適しています。
  • やや太めの綿糸を用いた綾織りのこと。インディゴなどで染色したタテ糸と、白いままのヨコ糸を組み合わせることで、特徴的な見た目に仕上がります。
    水洗いによる色落ちがナチュラルな色合いを生み、味のある魅力を引き出します。
  • タテ糸に色糸、ヨコ糸に白糸を用いた平織りのこと。表面に霜降り状に現れる白糸の、独特の温かみが魅力です。
    色落ちすることが少なくご家庭での洗濯が可能で、扱いやすいのも特徴の一つです。
  • タテ糸とヨコ糸が交差した織物のことを布帛(ふはく)というのに対して、ニットは結び目を作るように糸のループを連続させた編み物のこと。
    抜群の伸縮性に加えて通気性や形態安定性など、高い機能性によって着用もお手入れも楽で快適に。
  • ウールの繊維を起毛させた毛織物のこと。ふんわり柔らかな風合いと暖かさが特徴です。
    現代では綿(コットン)を原料とするコットンフランネルも一般的で、ウールに比べて軽い着用感はワイシャツにも適しています。
  • 「しじら織り」とも呼ばれる、表面に縞状の凹凸を出した平織りのこと。肌にベタつかないサラリとした清涼感と、シワになりにくいのが魅力です。
    クリーニングで高圧プレスをかけると凹凸が薄くなることがあるため、ご家庭での洗濯を推奨しています。
  • 平織り、綾織りと並ぶ織物の三原組織の一つである「朱子織り」のこと。
    糸同士の交差する点が少なく、非常に滑らかで光沢の強い、高級感あふれる生地に仕上がります。その反面、耐久性は低い傾向にあります。
  • その名の通り、タテ糸を「絡み」合わせた間にヨコ糸を通して織られた織物のこと。
    一見すると編物のような立体的で透け感のある見た目に違わず、通気性や速乾性、さらには形態安定性の高さが魅力です。
機能

防シワ防シワ性の強さを1~5級で表すW&W性(ウォッシュ&ウェア性)というJIS規格の指標に基づいて、呼称を定めています。

・ノンアイロン
W&W性4.0級程度。ほとんどシワにならず(カット率90%)アイロンがけは必要ありません。

・超形態安定
W&W性3.5級程度。一般的にも「超形態安定」と呼称される高水準の防シワ性です。

・形態安定
W&W性3.2級程度。洗濯後もシワは少なく(カット率50%)お手入れが簡単です。

・イージーケア
W&W性2.8級程度。形態安定加工には劣り洗濯後のシワはあるものの、アイロンがけは簡単です。

ストレッチオールシーズン着用でき、絶妙な柔らかさがビジネスシャツに最適です。少しシワになりますが、形態安定加工もあるので安心です。

吸水/ 速乾オールシーズンに適しています。カジュアルな生地や形態安定加工の生地も多く、バリエーションに富んでいます。白でも少し透けて見える程度です。

糸番手

番手とは、糸の太さを表す単位です。番手が高いほど糸は細く、光沢や風合いが豊かになります。

~70番手カジュアルシャツや一般的なドレスシャツに使用されます。

80番手一般に高番手とされる基準です。高級ドレスシャツに使用されます。

100番手日常遣いに適した範囲では、最も高番手と言えます。肌触りに明らかな違いが見られます。

120番手特別な日のシャツとしてお持ちになるのにおすすめな超高番手です。

140番手~超高級シャツに使用されます。シワになりやすくお手入れも難しいため、一般的な着用にはあまり向いていません。

厚さ

薄い通気性に優れ、夏の時期に最適な生地。透けやすいですが、色が濃くなるほど透ける可能性は低くなります。厚手の生地よりもシワになりやすい傾向があります。

やや薄いオールシーズン着用でき、絶妙な柔らかさがビジネスシャツに最適です。少しシワになりますが、形態安定加工もあるので安心です。

ふつうオールシーズンに適しています。カジュアルな生地や形態安定加工の生地も多く、バリエーションに富んでいます。白でも少し透けて見える程度です。

やや厚い秋口など涼しい季節のカジュアルシャツに最適です。しっかりとした厚みがあるので、シワになりにくい傾向があります。

厚い厚みがあり暖かいので、寒い季節のカジュアルシャツに最適です。耐久性や防シワ性にも優れています。

光沢

弱い繊維の質感がよくわかり、カジュアルな印象を与えます。

やや弱い程よくドレッシーで、ビジネスカジュアルにもぴったりです。

ふつう主張が少なく着回しやすい、一般的なドレスシャツの水準です。

やや強いかなりドレッシーな素材感で、スーツによく似合います。

強い艶やかで高級感があり、フォーマルなシーンで活躍します。

シーン/
カジュアル
素材/
綿64%/ 麻17%/ レーヨン19%
織り/
ブロード
機能/
吸水・速乾
糸番手/
60番手
厚さ/
薄い
光沢/
やや弱い

詳細情報

綿(コットン)と麻(リネン)をブレンドし、それぞれの素材の長所を併せ持つコットンリネン生地。麻は通気性・速乾性に優れ、さらりとしたドライな触感が、暑い季節にぴったりな素材です。天然素材では随一と言われる耐久性を持ち、長く使えば使うほどに馴染んで柔らかくなる、肌触りや風合いの経年変化も魅力の一つ。そこに綿の柔らかさと吸水性、扱いやすさをプラスした、バランスの良い生地に仕上がっています。
オフホワイトの絶妙な色合いが、リネンのナチュラルな魅力を引き立てます。レーヨンが含まれることで、とろみのあるドレープ感としっとりとした肌触りを実現しています。

※麻素材は色落ちしやすい性質があります。他の衣服への色移りを防ぐためにも、はじめの数回は手洗いなど単独でのお洗濯をおすすめします。